同僚と不動産投資の話をしていて

同僚と不動産投資の話をしていて

会社の休憩時間に、同僚と投資の話をしていました。

主には株の話をして、どの会社の株価がどんな動きをしているのかということや、株に影響がありそうな世界のニュースについて情報交換をしていたのです。

ふと、同僚が株の話から不動産投資の話を始めました。

お互いに大阪に住んでいて、資産を増やしていくためには投資が必要だと考えているので、同僚の話も興味深く聞いていました。

その中で、大阪で区分マンションの投資について考えているということを聞きました。

具体的に計画しているようで、仕事もしながらそこまでよく考えられるものだと感心しました。

こちらものんびりしていたらいけないなと思い、区分マンションの投資とはどういったものなのか、どんなメリットがありどんなリスクがあるのかということを聞いてみました。

すると、あっという間に休憩時間が終わってしまったので、また次の機会にゆっくり聞いてみようと思っています。

資産運用について情報交換ができる相手がいるというのは頼もしいことだと思っています。

大阪で区分マンション投資を考えている友人に質問した

大阪で不動産投資をしようと考えている友人が、いろいろと計画を話してくれていたのですけれど、その中で区分マンションという言葉が出てきました。

今まで、マンションといえば分譲マンションくらいしかきいたことがなかったので、いったいどういう意味なのかと聞いたら、その分譲マンションも区分マンションのことだと言われました。

正直、よくわからなかったので、インターネットで調べてみました。

マンションといえば、1棟まるまる所有する人なんてほとんどいないと思います。

大阪にいますが自分の周りでは聞いたことがありません。

大体が、1部屋を購入してそこに住んだり、賃貸にしたりするものだと思うのですけれど、これってつまり分譲マンションのことだと思っていたら、こういうのを区分マンションというようなのです。

大阪で区分マンションの購入

今まで知らなかったことが恥ずかしいことですけれど、日常生活の中ではあまり聞かれませんよね。

友人は、不動産投資について詳しく勉強しているようなので、さらっとそういう単語が出てくるのだろうと思います。